ボトックス注射

美容外科ではさまざまな「しわとり施術」が受けられますが、その一つに「ボトックス注射」があげられます。ボトックス注射も、ケミカルピーリング同様、近年よく耳にするようになりました。以前は海外で多く行われていた施術ではありましたが、近年、日本でもたくさんの症例が見られるようになりました。
ボトックス注射とは、肌の気になる部分にボトックスを注射器で注入する施術のことを指します。ボトックスには、主に筋肉の動きを抑える働きがあるため、それを気になる部分に注入することで、表情筋の無駄な動き抑えることができ、眉間や額、目尻や口元などの表情じわを改善することができるのです。そもそも、「ボトックス」とは何か知っていますか?ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一つです。「え!?菌を肌に入れるってこと!?」と驚く方もいるかもしれませんが、心配はご無用。ボトックス注射に用いられるものは、毒素を完全に取り除いた状態で用いられるので、何の心配もいりません。中には、厚生労働省が承認している商品もあるので、心配な方は、それらの商品を取り扱っている美容外科を利用するといいでしょう。
「表情筋を抑える働きがあるってことは、施術を受けると表情が不自然になってしまうのでは?」と心配する方もいるかもしれませんが、それも心配は入りません。専門のドクターがきちんと診察を行い、一人ひとりに合った量を注入しますので、無駄な動きだけを抑えることができ、不自然な表情になることは一切ないのです。また、ボトックス注射とは、表情じわを改善させることの他にも、多汗症を改善させたり、わきがを改善させたり、痩身治療や小顔治療にも効果をもたらします。
施術にかかる所要時間は10分程度となっており、あっという間に終わらせることができます。施術中、チクっとした痛みを感じる程度で、施術後には腫れや傷跡が残ることはありません。ダウンタイムもほとんどないため、施術当日からメイクをすることも可能ですし、シャワーを浴びることも入浴することも可能です。持続期間は、4ヶ月程度となっています。